フラワーホーン アクアリウム

あたまる君の初期の飼育環境です

投稿日:2019年2月16日 更新日:

フラワーホーン飼育環境についてあれこれ

はーい!!フラワーホーンの伝道師あたまるでっす

現在の僕の飼育環境です

  • 30 cm キューブ水槽
  • LEDライト
  • 照明制御タイマー(6時間点灯)
  • 外掛けフィルター
  • サーモスタット
  • 150点 W ヒータ
  • 水温計
  • サンゴ砂極
  • 橋のアクセサリー1個
  • 透明の塩ビ版を切って作った蓋

水槽大きさ、30センチキューブではいずれ厳しくなるのかな?今の所出来るだけこの大きさの水槽で頑張りたいです

※魚は種類によっては水槽の大きさに合わせて成長が止まるとも言われてますので、30センチとかあまり巨大なフラワーホーン怖いから…に成らない様に期待

底砂にサンゴ砂を引いているのはpHが下がりすぎないようにするためです、 フラワーホーンには中性ぐらいが良さそうなので

今後の計画です

◆外掛けフィルターは非常にろ過能力が低いですこの手の魚を飼うには パワーフィルターを使用した方がいいかなと思ってます

※エーハイムclassic2211辺りを検討しています

◆ヒーターに関しては30センチキューブ水槽で150Wは大きすぎるんですが、水温30°Cに上げる暫定措置です、しかしやけど防止にヒーターカバーは欲しい所、こちらは早急に買って来ないといけません

◆透明塩ビ版に餌やり用の穴を開けたいです、2センチくらいの穴を開ける予定

◆ライトが少し暗いので、LEDライトを少しパワーアップ予定しています、30センチ用の良いLEDライト何か有りませんかねー?

◆高水温なのでエアーレーションをしないとあかんかな…エアーポンプかパワーフィルターのパワーヘッドを検討中

◆背面にブラックシートを貼る?今はシースルーで壁が見えるので何らかのシートを貼りたいです、ブラックか岩石カラーか?どんな背景が合うんでしょうか

◆名前のシール「あたまる君」は水槽に貼ったほうが良いかな、不穏な動きがあるので(笑)

最終的に目指すもの

フラワーホーンは長生きして10年位は生きるみたいですので、最後まで責任を持って育てたいと思います

そう考えると餌のバランスに注意して太り過ぎないように、何でも食べるらしいから植物性の餌も与えないといけないかなと・

更には、情報は少ないですが繁殖も可能みたいなので出来る事なら繁殖させてみたいなーと、何となく思っております

私は遥か昔高校生の時、ディスカスを増やしてペットショップに売りに行っていた事も有るんですが、シクリッド科の魚の繁殖の大変さはよく知っているので、

繁殖に手を出すなら相当の覚悟が必要なのはわかっている、広い飼育スペース、沢山の水槽、お金、家族の理解…何よりもイジメて殺し合うシクリッド科の魚の性質

まあ、とにかくフラワーホーンは一匹飼いに徹するのが手堅いんですよねー(汗)

よろしければ応援の1ポチお願いします

アクアリウムランキング

-フラワーホーン, アクアリウム

Copyright© あたまるブログ , 2019 All Rights Reserved.