やってみた系 話の小ネタ

シェーバーの電池交換は自分で簡単に出来るかも

自分で出来ることは自分で・シェーバーの電池交換は自分で簡単に出来るかも

男の身だしなみ!!髭剃り

電気シェーバーって今の主流はジャブジャブ洗えるタイプでは無いでしょうか、昔はブラウンのアルコールカートリッジで洗うタイプを使っておりましたがコストが高かったです・・今はそのまま洗えるのでとても便利ですね

そもそもシェーバーってなかなか壊れる物でも無いですが、壊れる前に充電池の寿命が来て使用時間が短くなってきて買い替えるパターンが多いと思います

充電池を交換しようとメーカー修理に出すと意外と高いので、それなら新しい物に買い替えようという事になりますが

機種にもよると思いますが充電池なんかは自分で簡単に交換できます

私の使っているパナソニックの「ラムダッシュ」シリーズのシェーバーはものの5分で電池交換できますよ

Amazonとかのネットショップで検索すれば各種パーツと交換用電池も出てきます

もちろん自分で分解したらその後のメーカーサポートとかは受けられなくなる可能性が高いですが

買い替える位なら自分で電池交換をするのも選択肢の一つです

充電池は500円前後で買えるとおもいますし

買い替えに快感を感じるタイプの人もいるでしょうが、出来るだけお金を賭けたくない人もいますよね

私は壊れたらまず自分で治すことを考える様にしております

 

ではサクッと交換してみます

先ずは交換用電池ですが、過去2回交換した際は純正の電池があったんですが、古いシェーバーですから、互換性のある電池を買いました

こちらの袋に入ったのが充電池です

先ずは充電口の横にあるねじを外しますとカバーが外れます

こんな感じで内部は結構ひげで汚れています、防水になっているのは電池周りの心臓部のみですので汚れはこの機会に掃除しておきましょう

6ヶ所のネジを外すと充電池が見えますので外して新しいものと交換します

白い電池が新しい充電池です、黄色く囲んだ部分が防水構造になっておりまして電気系統を守っておりますので、ゴムパッキンにゴミやひげなど噛まないように綺麗にしましてフタを戻します

はい!!これで交換終了

およそ5分で完了です、これは自分でやらない手はありませんね

私あたまるは小さい頃からネジを外して分解とか好きですし、プラモデルやラジコンなども好きですのでこの作業は5分でできますが

そうでない人も10分あれば作業完了するでしょう

今回はプラスドライバー1つで分解出来ましたが、メーカーが分解させないようにプラスでもマイナスでもない星型や三角形のネジ山を搭載したネジで封印している場合がありますので

こういった場合は特殊ネジが外せるドライバーを買いましょう

ホームセンターやネットスーパーで売っていますのでこの特殊ネジを外せるドライバーを持っていると子供のおもちゃとかを分解修理する場合に非常に重宝します!!

持っておいて絶対に損はないでしょう

 

こういうドライバーセットですね

 

最後に注意事項です

こういった電池交換は機種によっては非常に簡単に出来ますが、壊れる可能性や怪我などの可能性もゼロではないので自己責任でやってくださいね

また、分解するとメーカー保証も対象外になる可能性が高いので注意が必要です

でも、こういう分解、修理は楽しいので興味のある方はネットで分解方法を調べながらやってみると意外に簡単にできたりしますのでおすすめです

-やってみた系, 話の小ネタ

© 2020 あたまるブログ