うんちく系 話の小ネタ 家庭菜園

安くて効果抜群超お得な除草剤はジェネリックタイプを推奨

投稿日:2019年5月30日 更新日:

今主流の除草剤はグリホサート系のこれだ

ホームセンターの園芸コーナーに行くと「ラウンドアップ」と言う除草剤のCM流しながら大量に積んでこの除草剤の宣伝をしているのを見かけた事はありませんか?

 

家の父親も愛用の有名な除草剤です

結構高価な除草剤なんですが、この除草剤凄いんです!!

「葉から吸収されて根まで枯らす」

確かに凄い、シャワーヘッドが付いており、雑草にシャーとそのままかけたら一週間程で草は枯れます

このラウンドアップを製造してる会社は元は「モンサント社」というアメリカの会社です(今はドイツのバイエル社に買収)、グリホサートと言う物質が主成分

この、葉から入って根まで枯らすタイプの除草剤の凄い所は、ピンポイントで枯らしたい植物の葉にかけるだけで、その植物のみ枯らす事です

そして土壌に落ちると速やかに分解され薬剤の効果がなくなる所だそうで

 

反面、土に撒いて根から吸収するタイプの除草剤は、雨などで薬が流れると意図しなかった樹木や野菜が枯れたりもしてしまいます

 

雑草に限らす殆どの植物を枯らすラウンドアップの仕組みとは

グリホサート系の除草剤の効く仕組みは、アミノ酸生成阻害効果

簡単に言うと、植物内でアミノ酸生成ができなく成るので、必要な栄養分が無くなり植物が餓死する(自滅する)との事です

ちなみに人間はこの必須アミノ酸生産能力が無いので、グリホサートの影響は作用しないとの事です

この除草剤考えた人は天才です!!

 

ラウンドアップは特許期間が切れていて安いジェネリック除草剤がたくさん出ているぞ

実家の家の親父はこのラウンドアップを愛用しており、シャワーノズルからダバダバと雑草にかけて使っておりますが

その撒いたラウンドアップの約8割はそのまま土に流れており、8割捨てている模様です

このラウンドアップに付いているシャワーノズルがお金を生み出す「打出の小槌」なんですねー

ただでさえ最上級に高いグリホサート系の除草剤を噴霧器で撒かずに、添付のシャワーヘッドでダバダバ撒いて地面に大半を捨ててくれるので

$$こんな儲かる商売は無いですよね$$

 

このグリホサートの独占製造販売権の特許は切れており、同じグリホサート系で濃縮タイプの除草剤が安く沢山出ておりますので

成分にグリホ○○○と書いてあれば、効果はラウンドアップとほぼ同じ薬剤ですので、費用は数分の1以下で

更に自前の噴霧器を使えば、ダバダバと地面に捨てずに効率よく雑草にかける事ができますので、安さは更に数10分の1となります

今はこれを使ってます濃縮タイプ(非農耕地用)で500円位だったかな?

1本で50L除草剤が作れますから1L当たり10円です、安っ!!

単純計算でラ○ンドアップのストレートタイプの70分の1のコストです

 

ホームセンターに行けば大体これに似たようなグリホサート系の希釈用ボトルが必ず売っています

こんな感じで売ってます

これなら費用を気にせずに沢山使えますし、例えば道路と側溝の隙間の狭い範囲の細かい雑草を根まで枯らそうとしたら、100均ショップの霧吹きに少し詰めてサッとかけるだけですので、超簡単、確実です

気を付けるのは雨だけです

葉っぱに掛けて数時間経てば植物に吸収されますので、その後に雨が降ってもOK!!

 

除草剤にはちょっと法律的な事を含め注意点が!?

農地を持って居ない方にが家の敷地に撒くには除草剤の登録区分は問題ないのですが、農地に撒ける除草剤は「農耕地登録除草剤」という表示のもので無いと法律で罰せられるそうです。

「農耕地登録除草剤」は農林水産省に農耕地への散布が許可されている除草剤ですので、許可申請費用からか少し高く設定されています

まあこの事は農家の方が知らないハズないルールですが

一般の方は「非農耕地用除草剤」が最安値で買えておすすめですよ

 

農家でも無いのにわざわざ高い「農耕地登録除草剤」を買う必要ないです!!

 

それから、このグリホサート系の除草剤は強力なだけに風のある日に撒いてしまって、隣の家の木を枯らしたなんてことに成れば、大変なトラブルになる可能性が有りますし

自分の大切な野菜だって薬剤が掛かれば枯れます

風には細心の注意しましょう

除草剤は便利に安く確実にですよ!!

 

-うんちく系, 話の小ネタ, 家庭菜園

Copyright© あたまるブログ , 2019 All Rights Reserved.